So-net無料ブログ作成
検索選択
台風被害 ブログトップ

堤防決壊の常総市ボランティアが続々・片付け作業が進む [台風被害]


シルバーウィーク・多くのボランティアが、片付け作業が順調
 
 
線状降水帯による記録的な豪雨で、鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市では、 21日も大勢のボランティアの方達が片付けなどに精を出しているということです。
 
 
 
シルバーウィークの中日に当たる21日は、総長ら大勢のボランティアの人達が駆けつけたということです。 
 
 
 
 


 
 
参加者たちは、未だ浸水の爪痕が残る常総市内で、住宅やホテルの後片付けを行っているそうです。
 
 
 
千葉県から参加した男性は『テレビを家でお酒を飲みながら見てたら、そんな場合じゃないなと思った、1週間位はいようかなと思います』と話しているとのことです。。
 
 
 
被害にあった女性は,『ボランティアの人が来てくれるからほんとうに助かります。随分良くなりました。此処も泥水で真っ白だったから』と喜びの声を。
 
 

痴漢冤罪リスクが増加、あなたは大丈夫?

 
 
 
 
一方、国土交通省は21日朝、200メートルに渡り決壊していた鬼怒川の堤防について、元の土手と同じ高さまで土を盛り上げ、応急的に塞ぐ作業が完了した、との説明をしたのです。
 
 
 
更に内側には、鋼鉄製の板を二重に立てた仮説堤防を建設中で、24日までの感性を目指しているということです。 
 
 
 


 
 
 
各地方から集合場所となった茨城県守谷市の工場には、早朝にもかかわらず大勢のボランティアの方が駆けつけてくれました。
 
 
参加者たちは、専用バスに乗り換えて、常総市内へ移動し、割り当てられた場所で後片付けに取り掛かったのです。
 
 
 

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】


東京書芸学園東京校/基礎から作品作りまで、書道の全てを学ぶ。
資料請求、無料体験入学受付中

 

水害救助・救助隊員が犬や猫まで一緒に救助で、賞賛か違反かで論争が!

小学1年生の暴力が増えている、其の理由とは?

 

 


台風被害 ブログトップ