So-net無料ブログ作成
検索選択
危険ドラッグ ブログトップ
前の10件 | -

薬物依存症支援施設『ダルク』で刺傷事件『生活態度機に食わない』 [危険ドラッグ]



同居男性の首を包丁で切りつける、殺人未遂容疑で男(27)を逮捕



滋賀県東近江市沖野の薬物依存症回復施設『東近江ダルク』で、共同生活をしていた男性(41)の首を包丁で切りつけたとして、滋賀県警東近江署が19日、殺人未遂の疑いで、同施設に入居している無職の男(27)を現行犯逮捕したということです。


同署によりますと、男は男性が寝ているところを切りつけたということで、『男性の生活態度が気に食わなかった』等と供述し、容疑を認めているということです。







逮捕容疑は19日午前2時15分頃、男と男性の居室で、男性の首を包丁で切りつけ、殺害しようとした、としています。

男は犯行直後に、約300メートル離れた同署の交番に自ら出頭したという事です。


『普段の生活態度が気に食わなかった。バカにされた。殺すつもりだった』等と供述しているそうです。








PR 夜が不安な方にテアニンサプリ!夜が不安な方に心地のいい休息を睡眠サプリ【NEMLINA(ネムリナ)】

PR 妊婦さんの30%以上は妊娠中むくみで悩む!?むくみを改善する葉酸サプリメント【こころからだあんしん葉酸】

PR よかった通販!菌活サプリの決定版!菌活でスッキリ習慣【フローラ美人】




nice!(2)  コメント(0) 

北陸朝日放送社員、危険ドラッグ所持で逮捕 [危険ドラッグ]



また、放送メデイア関係から危険ドラッグ逮捕者が!



石川県内の自宅で危険ドラッグを所持していたとして、北陸朝日放送の社員の男が逮捕されました。


逮捕されたのは、北陸朝日放送の編成局編成部係長、圓居智久容疑者(49)です。


警察によりますと、圓居容疑者はは先月11日、小松市内の自宅で危険ドラッグの通称『ラッシュ』が入った小瓶14本、約120ミリリットルを所持した疑いが持たれているということです。


別件の薬物関連の捜査をしていたところ、圓居容疑者が所持しているという情報が入ったため、家宅捜索を行ったところ危険ドラッグが発見されたため、21日に逮捕したということです。








警察の調べに対して圓居容疑者は、『違法な薬物だと分かって持っていた』などと容疑を認めているそうです。


数本の小瓶には使用した形跡があり、圓居容疑者に余罪が有ると見て調べているということです。


8月に入り、TBS社員の男性(51)が都内のホテルで30代の女性の顔に危険ドラッグのラッシュをかけて全治1週間の怪我をさせたとして書類送検されています。


警視庁がTBSテレビなどを創作したところ、会社のロッカーなどから危険ドラッグラッシュの小瓶数本が見つかっています。







PR 気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ

PR 【MACHILUS】【お客様満足度93.3%】首元の年齢サインにストップをかける美容液。
nice!(0)  コメント(0) 

高校教師が住宅街を徘徊、覚醒剤使用で緊急逮捕 [危険ドラッグ]



広島福山市県立高校教諭(45)所持品から注射器など、尿検査でも成分を検出



広島県福山市で、県立高校に勤める男性教師が覚せい剤を使用した疑いで、緊急逮捕されたということです。


覚せい剤取締法違反(所持・使用)の疑いで逮捕されたのは、県立竹原高校に勤める教師、飯田一明容疑者(45)です。


18日午後8時半頃、住宅街を徘徊(はいかい)していた飯田容疑者は、地域の防犯パトロールに付き添われる形で交番を訪れ、『自宅が分からなくなった』等と話したということです。


不審に思った警察官が所持品を調べたところ、注射器や白い粉が付着したプラスチックの袋などを発見し、尿検査では覚醒剤の成分が検出されたため飯田容疑者を緊急逮捕したというのです。


飯田容疑者は、『大阪で使用した』と容疑を認めているということです。










福山東署の話によりますと、福山市吉津町の交番に18日夜、付近の住民が『酒によった人がいる』と足元がふらついた状態の飯田容疑者を連れてきたそうです。


注射器や覚醒剤が入っていたとみられる袋を持っており、同署に任意同行し、尿検査で陽性反応が出たため逮捕したということです。


覚醒剤を使ったとみられる期間中の行動について、『研修で大阪に行き、広島に戻ってきた』などと説明してるということで、同署は覚せい剤の入手経緯を調べているそうです。








PR ゼロからの知識習得 ファイナンシャルプランナー講座【資格スクエア】

PR 全国49校普通自動車専門のTポイントが貯まる合宿免許予約サイト【免許合宿のユーアイ】

nice!(0)  コメント(0) 

中学校教諭。覚醒剤所持の疑いで逮捕される [危険ドラッグ]


埼玉・所沢市立中学教諭(27)を覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで警視庁が現行犯逮捕



路上で覚醒剤を所持していたとして、警視庁が埼玉県所沢市の市立中学教諭・池上公一容疑者(27)を覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕していたことが分かりました。


池上容疑者は『使う目的で持っていた。インターネットで知り合った人から貰った』等と供述していると云うことで、同調は覚せい剤の使用についても調べているそうです。


捜査関係者の話によりますと、池上容疑者は13日午前2時頃、東京新宿区北新宿1丁目の路上で、微量の覚醒剤を持ていた疑いが有るということです。







警察官が職務質問し、所持品の中から覚醒剤を見つけたとのことです。


池上容疑者は13日未明に新宿区の路上で一人でいたところ警察官から職務質問を受け、その際に持っていたリュックサックの中から微量の覚醒剤が見つかったため、覚せい剤取締法違反の疑いでその場で逮捕されたそうです。








PR 法律学習のノウハウがスマホに!オンライン予備校の画期的システムとは?【資格スクエア】

PR 全国49校Tポイントが貯まる普通自動車専門の【免許合宿のユーアイ】

nice!(0)  コメント(0) 

ミュージシャンの男(34)、大麻栽培と所持で逮捕される [危険ドラッグ]


大田原市の自宅で大麻栽培と所持容疑で逮捕される



栃木県・大田原市の自宅で大麻を所持していたとして、ミュージシャンの男が警察に逮捕されたということです。


大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、大田原市に住むミュージシャン・佐久間誠一容疑者(34)です。


佐久間容疑者は先月20日、大田原市の自宅で大麻草およそ25グラムなどを吸引する目的で、所持していた疑いが持たれているのです。


また、今年5月に、自宅で大麻草34本を栽培していたとして追送検されたということです。









佐久間容疑者は、栃木県を拠点に活動するバンドでドラムを担当しているということで、CDを出しライブ活動をしているそうです。


警察の調べに対し佐久間容疑者は、容疑を認めているということです。








【お仕事探しはピーアンドピー】未経験、短期のお仕事たくさんあります!!

OUTDOORのリュックは公式サイトで安心購入。会員登録で500円分ポイント付与。

全米で大ブームを巻き起こし、世界トップモデルなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクKOMBUCHA

覚醒剤使用、捜査手法に違法性で無罪 [危険ドラッグ]



尿の採取手続きに違法あり


自宅で覚せい剤を使用したとして覚せい剤取締法違反の罪に問われた群馬県高崎市の男性(41)の判決公判で、前橋地裁高崎支部永井秀明裁判官は、覚醒剤使用を立証するために県警が作成した尿の鑑定書について『尿の採取手続きに重大な違法性が有る』と証拠能力を否定し、『自白の真実性を補強する証拠は存在しない』として無罪を言い渡したそうです。


判決などによりますと、男性は昨年1月8日に自宅で覚せい剤を身体に注射したなどとして起訴されていました。


高崎署の警察官が同9日午後6時10分頃に男性への職務質問をはじめ、同8時55分頃に保護されました。


翌10日、午前1時50分頃に保護を解除し、捜索差押許可状を基に男性の尿を採取したのです。


検察側は職務質問が任意だったのに加えて、男性が発信した車に向かうなど精神錯乱だったために保護したと主張したのです。


一方、弁護側は車に突進した事実などはなく、また精神錯乱ではなかったと主張し、保護の必要が無いのに拘束して採尿したことは違法だと訴えていました。








永井裁判官は、3月15日付の証拠決定で、職務質問に関しては違法とする一方で、弁護士の指示に従って動画を撮っていたことなどから、『精神錯乱や自傷行為の恐れがあったとは認められない』と指摘、身体を拘束したのは明らかに逮捕に当たるとし、『典型的な無令状、無要件の逮捕だったと認められる』と強く批判したそうです。


そして『保護と関連性が有る尿の採取の手続きは違法だった』として尿の鑑定書の証拠能力を否定したということです。


弁護側によりますと、検察側は論告をしなかったそうです。


弁護人は『違法に集められた証拠を排除した本判決を、人権保護の観点から高く評価する』とコメントをだしています。


前橋地検は『判決内容を詳細に検討し、適切に対応したい』と話し、県警は『判決が確定していいないため、現時点ではコメントを差し控える』としているそうです。







安心・安全野菜!ほったらかしでグングン育つ!家庭向け 電気不要の自動野菜栽培プランター

中小企業のためのクラウド型レンタルサーバー!月額890円・独自SSL証明書0円クラウド型レンタルサーバー【Zenlogic】

フリーランスエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介を【midworks】
タグ:覚せい剤

大麻バター作って、食べていた容疑で67才の男を逮捕 [危険ドラッグ]



ユーチューブで大麻バターの作り方を見た



大麻樹脂を所持していたなどとして、兵庫県警薬物銃器対策課と伊丹署が、大麻取締法違反(所持)や麻薬取締法違反(輸入)の疑いで、伊丹市大野、・無職・柏木豊久容疑者(67)(一部起訴済み)を逮捕したということです。


同署などが柏木容疑者の自宅を家宅捜索した際、大麻樹脂を混ぜ込んだ瓶入りバターを押収したのです。


柏木容疑者は『スプーンで掬って食べていた』と大麻の使用を認めているそうです







捜査関係者の話によりますと、3月24日、アイルランド発オランダ経由で成田空港に届いた封書に麻薬犬が反応したということで、宛先が柏木容疑者の自宅だったため、兵庫県警に通報したということです。


県警が封書を調べると、合成麻薬LSDの詩篇2枚(計0.45㌘)が入っていたのです。


伊丹署などが5月10日に柏木容疑者の自宅を捜索し、大麻樹脂9.191グラムが見つかったため、所持容疑で現行犯逮捕しました。


その後、LSD輸入の容疑が裏付けられ、6月1日に輸入雨の疑いで再逮捕したということです。








捜査関係者の話によりますと、喫煙道具を使って大麻の成分を吸い込むケースが多いが、食べ物に混ぜ込んで摂取する方法も有るそうです。


食べ物と一緒でも幻覚などの症状を引き起こし、強い作用が出る場合も有るということです。


柏木容疑者は動画投稿歳とYoutube(ユーチューブ)でバターに大麻を混ぜ込んだ『大麻バター』の作り方を発見し、実際に創って便で冷蔵庫に保存をしていたそうです。


肌の潤い対策に!初回990円【イージースムージーアサイー】

今なら初回価格!1980円!100%プラセンタ原末をギュッとカプセルに!東京プラセンタ【ピュアプラ】

男性用サプリとして「アルファGPC」を配合!【Acesilon EX(アセシロンEX)】




タグ:覚せい剤

産業大麻栽培会社代表の男(37)を、大麻取締法違反の疑いで逮捕 [危険ドラッグ]

 

乾燥大麻88グラムを所持、『麻栽培で町おこし』の会社代表を逮捕

 

 

鳥取県の大麻栽培の許可を得て、麻栽培による町おこしに取り組んでいた会社代表が、大麻取締法違反の疑いで厚生労働省麻薬取締部に逮捕されたということです。

 

麻薬取締部によりますと、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたのは、鳥取県千頭町の大麻加工品製造業『八十八や』代表の上野俊彦容疑者(37)です。

 



 

 

逮捕容疑は今月4日、自宅にポリ袋に入れた大麻88グラムを所持していたとしています。

 

麻薬取締部によりますと、『他人からもらった。使用する目的で所持していた』と容疑を認めているということです。

 

上の容疑者が県の栽培許可を得ていたのは、麻薬成分が殆ど入っていない産業用の大麻で、麻薬取締部は逮捕時に所持していた大麻は、栽培していた大麻とは別のものと見て操作を進めているそうです。

 



 

 

県によりますと、上野容疑者は『千頭町で麻を使った伝統の布の復活をしたい』として、平成25年に大麻栽培の許可を取得していました。

 

千頭町では、産業用の大麻の栽培が町おこしに繋がるとして、上野代表の取り組みを支援していたそうです。

 

上野代表は以前にNHKの取材に対して『大麻栽培は悪いものという偏見を払拭したい、様々な活用法が有ることを知ってもらいたい』等と話していたということです 

 

 

梅毒感染広まる 20代女性に流行、合併症で失明の危険も

電通に強制調査 東京労働局、新入社員の自殺で是正勧告

 

接骨院で無資格施術 学生に施術させ、保険療養費を請求

 


タグ:覚せい剤

1歳男児の尿から覚せい剤反応が・・・・・自宅で誤飲か? [危険ドラッグ]


体調不良の1歳児の尿から覚せい剤、父親をを現行犯逮捕
 
 
 
 
神戸市内の病院を受信した1歳の男児の尿から、覚醒剤成分が検出されていた事が分かりました。
 
 
兵庫県警は、同市内の自宅を家宅捜索し、自称・不動産業の父親(34)(同市北区)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕したということです。 
 
 
県警は、男児が自宅に有った覚醒剤を誤飲したのでは、と見ています。
 
 
 
 
 


 
 
捜査関係者の話によりますと、同市内の病院が8日、脳の異常が疑われた為詳しく調べたところ、『体調不良で受診した男児の尿から、覚醒剤のような成分が検出された』と県警や児童相談所に通報したことで発覚しました。
 
 
県警による鑑定の結果、覚醒剤と判明し、9日に男児の自宅を捜索、父親のバッグからポリ袋に入った 覚醒剤0.04グラムを見つけ、父親を現行犯逮捕したということです。
 
 
調べに対して父親は、『自分で使うために持っていた』と容疑を認める一方で、『子どもに覚醒剤を与えていない』とはないしているそうです。 
 
 
父親と男児の他に妻と生まれたばかりの長女の計4人家族で、男児は現在の入院中ですが、命には別条問題はないということです。 
 
 
 
 


 
 
 
 
昨年には、熊本県在住のアルバイトのお男(24)が、20代の女性の連れ子である生後3ヶ月の男の子に覚醒剤を投与し、死亡させたとして逮捕されています。
 
 
子供は急性薬物中毒によるもので、司法解剖の結果致死量を超える覚醒剤の成分が検出されたのです。
 
 
その時の報道によりますと、乳児の場合は、覚醒剤常習者が通常使う耳かき1杯文約30ミリグラムの東洋で致死量に達してしまうそうです。 
 
 
最近、危険ドラッグが手に入りづらくなったことで覚醒剤が広まっているということです。
 
 
先月、元芸能人の高知東生被告や、元『C-C-B』田口被告などが相次いで逮捕されていることが覚醒剤の流通を伺わせるものではないでしょうか。 
 
 
 
 

ワキ汗が気になり、つり革恐怖症になる女性が急増?

『裁判員制度』・裁判員が意見交換『顔が分からないように』要望相次ぐ

 

『有料AVサイト』架空請求で、支払いにコンビニ払いの指示

 

 
 
 
 

元C-C-B田口被告、執行猶予中に覚醒剤で有罪判決 [危険ドラッグ]


覚せい剤取締法違反、有罪判決・保護観察付き執行猶予
 
 
 
覚せい剤取締法違反(使用)に問われていたロックグループ『C-C-B』の元キーボード担当でミュージシャンの田口智治被告(55)に対して、横浜地裁は11日懲役1年6月、うち4月を2年間の保護観察付き執行猶予(求刑・懲役2年)とする判決を言い渡しました。
 
 
判決によりますと、田口被告は昨年9月に同法違反(使用・所持)で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けていましたが、執行猶予中の今年3月下旬ころから4月11日までの間に、東京都内かその周辺で覚醒剤を使用していたということです。 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
横井靖世裁判官は、『覚醒剤に対する依存性は高く、執行猶予中の安易な使用は強い非難に値する』と指摘する一方で、再犯を防ぐためには、保護観察家で専門的な薬物離脱プログラムを受けることが必要などととして、刑の一部執行猶予の適用リううを説明しました。
 
 
芸能界での覚醒剤汚染、まだまだ根が深いと思われています。
 
次は誰が、先日に元俳優である高知東生容疑者が逮捕されました。
 
多くの芸能人の中で、次は誰かと戦々恐々しているのではないでしょうか? 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 

群大病院、手術ミスで右手足麻痺、改善策守られず!

大人の喘息に新しい治療方法BTが注目

産後のすぐに抱っこ、赤ちゃんが急変した例もあるとか

 

 

 

前の10件 | - 危険ドラッグ ブログトップ