So-net無料ブログ作成
検索選択
危険ドラッグ ブログトップ
前の10件 | -

産業大麻栽培会社代表の男(37)を、大麻取締法違反の疑いで逮捕 [危険ドラッグ]

 

乾燥大麻88グラムを所持、『麻栽培で町おこし』の会社代表を逮捕

 

 

鳥取県の大麻栽培の許可を得て、麻栽培による町おこしに取り組んでいた会社代表が、大麻取締法違反の疑いで厚生労働省麻薬取締部に逮捕されたということです。

 

麻薬取締部によりますと、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたのは、鳥取県千頭町の大麻加工品製造業『八十八や』代表の上野俊彦容疑者(37)です。

 



 

 

逮捕容疑は今月4日、自宅にポリ袋に入れた大麻88グラムを所持していたとしています。

 

麻薬取締部によりますと、『他人からもらった。使用する目的で所持していた』と容疑を認めているということです。

 

上の容疑者が県の栽培許可を得ていたのは、麻薬成分が殆ど入っていない産業用の大麻で、麻薬取締部は逮捕時に所持していた大麻は、栽培していた大麻とは別のものと見て操作を進めているそうです。

 



 

 

県によりますと、上野容疑者は『千頭町で麻を使った伝統の布の復活をしたい』として、平成25年に大麻栽培の許可を取得していました。

 

千頭町では、産業用の大麻の栽培が町おこしに繋がるとして、上野代表の取り組みを支援していたそうです。

 

上野代表は以前にNHKの取材に対して『大麻栽培は悪いものという偏見を払拭したい、様々な活用法が有ることを知ってもらいたい』等と話していたということです 

 

 

梅毒感染広まる 20代女性に流行、合併症で失明の危険も

電通に強制調査 東京労働局、新入社員の自殺で是正勧告

 

接骨院で無資格施術 学生に施術させ、保険療養費を請求

 


タグ:覚せい剤
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

1歳男児の尿から覚せい剤反応が・・・・・自宅で誤飲か? [危険ドラッグ]


体調不良の1歳児の尿から覚せい剤、父親をを現行犯逮捕
 
 
 
 
神戸市内の病院を受信した1歳の男児の尿から、覚醒剤成分が検出されていた事が分かりました。
 
 
兵庫県警は、同市内の自宅を家宅捜索し、自称・不動産業の父親(34)(同市北区)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕したということです。 
 
 
県警は、男児が自宅に有った覚醒剤を誤飲したのでは、と見ています。
 
 
 
 
 


 
 
捜査関係者の話によりますと、同市内の病院が8日、脳の異常が疑われた為詳しく調べたところ、『体調不良で受診した男児の尿から、覚醒剤のような成分が検出された』と県警や児童相談所に通報したことで発覚しました。
 
 
県警による鑑定の結果、覚醒剤と判明し、9日に男児の自宅を捜索、父親のバッグからポリ袋に入った 覚醒剤0.04グラムを見つけ、父親を現行犯逮捕したということです。
 
 
調べに対して父親は、『自分で使うために持っていた』と容疑を認める一方で、『子どもに覚醒剤を与えていない』とはないしているそうです。 
 
 
父親と男児の他に妻と生まれたばかりの長女の計4人家族で、男児は現在の入院中ですが、命には別条問題はないということです。 
 
 
 
 


 
 
 
 
昨年には、熊本県在住のアルバイトのお男(24)が、20代の女性の連れ子である生後3ヶ月の男の子に覚醒剤を投与し、死亡させたとして逮捕されています。
 
 
子供は急性薬物中毒によるもので、司法解剖の結果致死量を超える覚醒剤の成分が検出されたのです。
 
 
その時の報道によりますと、乳児の場合は、覚醒剤常習者が通常使う耳かき1杯文約30ミリグラムの東洋で致死量に達してしまうそうです。 
 
 
最近、危険ドラッグが手に入りづらくなったことで覚醒剤が広まっているということです。
 
 
先月、元芸能人の高知東生被告や、元『C-C-B』田口被告などが相次いで逮捕されていることが覚醒剤の流通を伺わせるものではないでしょうか。 
 
 
 
 

ワキ汗が気になり、つり革恐怖症になる女性が急増?

『裁判員制度』・裁判員が意見交換『顔が分からないように』要望相次ぐ

 

『有料AVサイト』架空請求で、支払いにコンビニ払いの指示

 

 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

元C-C-B田口被告、執行猶予中に覚醒剤で有罪判決 [危険ドラッグ]


覚せい剤取締法違反、有罪判決・保護観察付き執行猶予
 
 
 
覚せい剤取締法違反(使用)に問われていたロックグループ『C-C-B』の元キーボード担当でミュージシャンの田口智治被告(55)に対して、横浜地裁は11日懲役1年6月、うち4月を2年間の保護観察付き執行猶予(求刑・懲役2年)とする判決を言い渡しました。
 
 
判決によりますと、田口被告は昨年9月に同法違反(使用・所持)で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けていましたが、執行猶予中の今年3月下旬ころから4月11日までの間に、東京都内かその周辺で覚醒剤を使用していたということです。 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
横井靖世裁判官は、『覚醒剤に対する依存性は高く、執行猶予中の安易な使用は強い非難に値する』と指摘する一方で、再犯を防ぐためには、保護観察家で専門的な薬物離脱プログラムを受けることが必要などととして、刑の一部執行猶予の適用リううを説明しました。
 
 
芸能界での覚醒剤汚染、まだまだ根が深いと思われています。
 
次は誰が、先日に元俳優である高知東生容疑者が逮捕されました。
 
多くの芸能人の中で、次は誰かと戦々恐々しているのではないでしょうか? 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 

群大病院、手術ミスで右手足麻痺、改善策守られず!

大人の喘息に新しい治療方法BTが注目

産後のすぐに抱っこ、赤ちゃんが急変した例もあるとか

 

 

 

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東京駅保管の忘れ物から異臭が、警視庁持ち主探す [危険ドラッグ]


東京駅の異臭騒ぎ、バッグの中身は危険ドラッグの可能性が
 
 
 
JR東京駅で1日、新幹線の車内に置き忘れられていたキャリーバッグから植物片が見つかり、警視庁は危険ドラッグの可能性があると見て調べています。
 
 
午後4時頃、JR東京駅に到着した東海道新幹線の車内で、キャリーバッグの忘れ物が見つかりました。
 
 
バッグの中から植物片と金属製のパイプが見つかったということで 、警視庁は危険ドラッグの可能性があると見て鑑定するとともに、バッグの持ち主を探しています。
 
 


 
 
 
東京駅で忘れ物として保管されていたキャリーバッグの中から植物片が見つかり、警視庁丸の内署が危険ドラッグなどの可能性があると見て成分の分析を奨めているのです。
 
 
同署は医薬品医療機器法違反(旧薬事法)容疑なども視野に入れて持ち主を探しています。
 
 
同署によりますと、東京駅の駅員から1日午後4時頃、『忘れ物のキャリーバッグの中に入っていた瓶から異臭がする』と110番通報があったのです。
 
 


 
 
 
東京消防庁が臭気に有害物質が含まれていないことを確認しましたが、ビンの中に植物の葉のようなものやパイプが入っていたため、同署が回収していたました。 
 
 
キャリーバッグは、1日に東京駅に停車した東海道新幹線の車内で見つかりました。
 
 
中には瓶の外、衣類なども入っていたということです。 
 
 
 
 

熊本地震後から、肺炎による入院患者が増加

『覚醒剤使用』清原被告に懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の判決

夫はもはやATM ?夫婦間のセックスレスは妻が不倫に走る可能性も

 

 


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

法政大学生に大麻を売った、学習院大学の水泳部学生が逮捕されました。 [危険ドラッグ]

 
 
法政台と学習院大、大学生間にも広まる大麻汚染
 
 
 
 
学習院大学水泳部の大学1年の男子学生が、法政大学の学生に大麻を売り渡したとして、警視庁に逮捕されたというのです。
 
 
逮捕されたのは、学習院大学の水泳部に所属する大学1年の男子学生(18)で、今年3月に、東京都内で知人で法政大学水泳部に所属する男子学生820)に大麻およそ1グラムを6000円で売り渡した疑いが持たれているということです。
 
 
今年3月に、法政大学の学生が八王子市の水泳部の合宿所で大麻を所持していたとして逮捕されましたが、その後の捜査で、水泳仲間の学朱印大学の男子学生が浮上したと云うことです。
 
 
 
乾燥肌やアトピ性皮膚炎の方に最適、咲水スキンケアジェル
4つのセラミドでお肌のバリア機能を強化!咲水スキンケアジェル
 
 
 
 
警視庁が男子学生の自宅の家宅捜索をこなったところ、吸引パイプが見つかり押収したということです。
 
 
取り調べに対して男子学生は、『記憶に無いことで全く知りません』と容疑を否認しているということですが、警視庁は入手ルーロについても詳しく調べていると云うことです。
 
 
学習院大学は、『逮捕の事実は報告を受けているが、詳細は確認中です』 と、コメントを出しています。
 
 
 
 
 
 
 
水泳部の合宿所で大麻を所持していたとして法政大1年だった男子学生が逮捕された事件で警視庁新宿署は12日までに、この学生に大麻を譲り渡した大麻取締法違反容疑で学習院大年で水泳部員の男子学生(東京都目黒区)を逮捕しました。
 
 
同署によりますと、法大生の話から水泳を通じて面識の有った学習院大生が浮上したとのことで、学習院大生の自宅を家宅捜索したところ、大麻の吸引パイプが見つかったのです。
 
 
法大生は不起訴処分(起訴猶予)となっています。 
 
 
 
 
 

教師も危ないからLINEを使わないように!?

玉置浩二さん憩室炎で一ヶ月間の休養、コンサート中止

『熊本地震』GW以降ボランテイア激減、人手不足深刻化

 

 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

覚醒剤使用で親子3人を逮捕、容疑を認める [危険ドラッグ]

 
親子で覚醒剤使用容疑、15歳の少年と40代の両親を逮捕
 
 
 
親子3人で覚せい剤を使用したとして、静岡県警富士署は23日、覚せい剤取締法違反 (使用)容疑で、同県東部に住む少年(15)と父親(40)、母親(41)を逮捕したと発表しました。
 
 
いずれも『間違いない』と容疑を認めているということですが、少年は今月に中学校を卒業したばかりだと云うことです。
 
 
 
 


 
 
逮捕容疑は、3月中旬~23日にかけて同県富士市またはその周辺で、覚せい剤を使用した疑いです。
 
 
警察によりますと3人は実の親子で、情報や内偵操作を元に同署が、23日少年らの自宅を家宅捜索し、尿検査の結果、3人共陽性反応が出たということです。 
 
 
警察では、入手経路や何時からどれくらい使っていたのか、使用状況や犯行に至った経緯などを詳しく調べています。 
 
 
 
 

『両親から虐待』、児相保護せず中学生が自殺

『居眠り運転』事前検知80%以上の確率、京大院生らが開発

性格の不一致で『臨月の妻と離婚して、親権を取りた』果てして夫の願いは!

 

 

 
 
 

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

覚醒剤取締法違反の葉山町議が議員控室で覚せい剤を使用か [危険ドラッグ]


葉山町議・容疑を認める供述を
 
 
 
葉山町議の細川慎一容疑者(41)(堂町堀内)覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された事件で、同容疑者が神奈川県警の調べに対して、容疑を認める供述をしていることが5日捜査関係者の話で分かりました。
 
 
細川容疑者は『議員控室で覚せい剤を使用した』とも話しているということで、道県警は近く使用容疑でも追送検する方針だとのことです。
 
 
 
 


 
 
捜査関係者によりますと、同容疑者は逮捕後の調べに容疑を否認していましたが、その後認める供述を始めたそうです。
 
 
また、『トップ当選の期待に答えなくてはという重圧を感じて、議員控室で覚せい剤を使用した』とも話し、町役場内の議員控室で昨年12月に1度使用したことを認めたということです。
 
 
 
 

 
 
 
 
更に、『10代の頃に初めて使った。数年前から度々購入し、昨年4月の町議立候補時には常習していた』などとも供述をし、主に漫画喫茶などで覚せい剤を使用していたというのです。
 
 
県警は2月16日、横浜市中区の路上でビニール袋入りの覚せい剤(約0.65グラム)を所持したとして、同容疑者を現行犯逮捕しました。
 
 
その後の尿の鑑定で覚せい剤の陽性反応がでており、自宅アパートからは覚せい剤を吸引する際に使用したとみられるアルミホイル片やストロー片など十数点を押収していました。
 
 
 
 


 
 
 
同容疑者は複数の衆院議員秘書を経て、昨年4月の同町議選に初出馬し、トップ当選し、『中卒町議』として話題を集めました。
 
 
同町議会は細川議員に対する辞職勧告決議案を全会一致で可決しています。 
 
 
 

訪問販売等の悪質業者、罰金最大1億円に引き上げ

『ケアマネ調査』介護疲れによる殺人が起きてもおかしくない!

男女関係6割以上が答える『夫婦関係を長く続ける秘訣』とは?

 

 

 
 
 

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

輸入『ダイエット剤』で女性意識朦朧、千葉県が注意喚起 [危険ドラッグ]


千葉県・個人輸入のダイエットサプリ、手足の震えなど訴え入院 
 
 
 
 
 
千葉県は18日、無承認・無許可の医薬品『ホスピタルダイエット』を服用した県内在住の20代の女性が、排尿困難、手足の震え、意識朦朧状態などの症状で、病院に入院したと発表しました。
 
 
県薬務課によりますと、女性は昨年11月に錠剤とカプセル計8種類をタイから個人輸入し、、其のご服用したということです。
 
 
錠剤などからは、国内外で、医薬品として承認された成分、国内の医薬品と類似した成分が検出されたとのことです。
 
 
 
 


 
 
 
ホスピタルダイエットと称する製品は国内で、死亡事故を含む複数の健康被害報告が有るというのです。
 
 
同課は『服用している人は直ちに中止し、健康被害が疑われる場合は医療機関を受診すると同時に保健所に連絡してほしい』と呼びかけています。 
 
 
『ホスピタルダイエット』という名前のやせ薬を、タイから個人輸入した千葉県在住の20代の女性が副作用で排尿ができなくなり、手足の震えなどの症状を訴えて入院していたことが分かったのです。 
 
 
 
 

 
 
 
 
千葉県健康福祉部によりますと、この女性は昨年11月に、インターネットを通じて、タイから8種類のカプセルと錠剤を個人輸入したと云うのです。
 
 
12月中旬に排尿困難や意識障害、手足の震えなどの症状で、千葉県内の医療機関に入院しました。
 
 
この医療機関から報告を受けた県が衛生研究所で成分を分析した所、一部から国内では未承認の医薬品が検出されたのです。
 
 
 
 


 
 
 
 
中には副作用として、めまいや狭心症などを引き起こす成分も認められたということです。
 
 
厚生労働省や千葉県によりますと、『ホスピタルダイエット』や『MDクリニックダイエット』などの名前のやせ薬を服用したことで、幻覚や幻聴などの健康被害を訴えるケースが、2002年から2012年にかけて全国各地で報告されているというのです。
 
 
このうち、2011年には、東京大田区で20代の女性が死亡したケースも有ることから、厚労省では『国内では承認されていない医薬品成分を含む痩せ薬を個人輸入することは健康被害の血スクが高い』と指摘し、注意喚起をしています。 
 
 
 

マラソン界のレジェンド監督【小出義雄氏】昨年、心不全で緊急手術

佐倉市、刃物男が協会に立てこもり、女性を人質に

デートDV被害者は男子生徒に、女子の倍以上

 

 

 
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

葉山町議、ポケットに覚せい剤と注射器、覚醒剤所持容疑で逮捕 [危険ドラッグ]


調書への署名拒否、町議、今月上旬にも密売人接触か
 
 
 
 
 
神奈川県葉山町の町議会議員(41)は16日、横浜市内中区のコンビニ店の駐車場で、覚せい剤0.65グラムを所持していたとして、現行犯逮捕されました。
 
 
 
警察の話によりますと、コンビニ店から出てきた町議に捜査員が声をかけ、胸ポケットを調べると、覚せい剤が入った袋と注射器が見つかったのです。
 
 
 
 
 


 
 
 
町議は、『私のものではない』、『警察に入れられた』などと容疑を否認しているとのことです。
 
 
 
町議は去年4月に無所属で立候補し、トップで初当選していました。
 
 
 
 
 

 
 
 

 
町議は『私の権利が何一つ光視されていない』として、取り調べの調書や押印を拒否しているそうです。
 
 
 
町議の身柄は18日朝、横浜地裁に送られました。
 
 
 
町議は、これまでの調べに対して、『覚せい剤は自分のものではない』、『覚せい剤や注射器は警察が入れたものだ』などと容疑を否認しているとのことです。
 
 
 
 
 
 
 
 
警察は町議が、週1回の頻度で覚せい剤の密売人と背色しているのを確認していて、常習的に覚せい剤を使用していたと見て捜査を進めています。 
 
 
 
町議は、今月上旬にも密売人とみられる人物と接触していたことが新たに分かったのです。
 
 
 
また、4年前にも警察が密売人の電話を捜査した際に、町議の名前が購入者として浮上していたということです。 
 
 
 
 
 
 

供服に安全規格・日本工業規格(JIS)を制定

殺陣の稽古中に模造刀での死亡事故を受け、コスプレイヤーは要注意

結婚晩婚化、40歳で出産は厳しいのか?

 

 

 

 
 
 
 

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

鹿児島・大量の覚せい剤所持容疑で、暴力団『神戸山口』系幹部らを逮捕 [危険ドラッグ]

 

末端価格70億円の覚せい剤所持、逮捕

 

 

 

鹿児島県内で大量の覚せい剤を所持していたとして、福岡、鹿児島両県警の暴力団幹部ら計4人を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで、逮捕していたことが分かりました。

 

両県警などは覚せい剤約100キロ(末端価格約70億円)を押収したと云う事ですが、この覚せい剤は海外から持ち込まれたものと見ているそうです。

 

 



 

捜査関係者の話によりますと、男ら4人は、指定暴力団山口組から昨年8月末に分裂した『神戸山口組』系組織の60代の幹部や組員、そして元組員ということです。

 

両県警などは、神戸山口の資金源になっていたと見て流通ルートの解明を進めていく方針だということです。 

 

 

 


 

 

 

 

 捜査関係者の話によりますと4人は、今月上旬に外国から来たとみられる船と鹿児島県沖で接触したのです。

 

海上で覚せい剤の受け渡しをし、徳之島の港に一旦陸揚げをしてからその後、覚せい剤を軽乗用車に乗せて鹿児島行のフェリーに乗船したと見られています。

 

 

 



 

 

 

10日午前、鹿児島塩鹿児島新港についたフェリーの中に駐車していた軽乗用車の中から、土のう用の袋に入った覚せい剤10袋分が見つかったのです。 

 

両県警は暴力団による組織的な覚せい剤の密輸と見て、詳しく調べを進めているとのことです。 

 

沖縄、不登校・生活保護世帯では5倍に

溶連菌感染症患者が昨年度、過去最多に

パートナーとのエッチが面倒くさい!それは彼への愛が冷えたせい?

 

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 危険ドラッグ ブログトップ