So-net無料ブログ作成
検索選択

『釣れてますか』と声掛け、釣り人海に落とす・・・男子中学生4人を補導 [事件や事故]

 

『溺れる顔を見たかった』などと少年ら供述

 

大阪市岸和田市と忠岡町の突堤で今月19日、釣り人二人が『釣れていましか』などと声を掛けられ、相次いで海に突き落とされた事件で、大阪府警は30日、傷害と暴行の非行内容で、いずれも同府内に住む12~13歳の男子中学生4人を補導し、うち3人を児童相談所に装置したと発表しました。

 

全員が突き落としたことを認めており、『人が海に落ちる瞬間やびっくりする顔、溺れる顔を見て楽しもうと思った』等と供述をしているということです。 

 

 



 

 

府警によりますと、4人は19日午前6時~7時頃、同府岸和田市木材町と忠岡町新浜の突堤で、釣りをしていた同府和泉市の男子中学生(13)都道府八尾市の男性会社員(56)の背中などを突き飛ばして海中に落とし、男性会社員の首や腰に全治2週間の怪我をさせた疑いが持たれています。

 

男子中学生にはケガはなかったということで、突き落とされた2人はいずれも自力で陸上に上がったそうです。

 

近くのコンビニエンスストアの防犯カメラなどから少年らの関与が浮上したということです。 

 

少年らは『釣れていますか』などと男性らに声を掛け、その後いきなり海に突きとぼした後逃走していました。

 

大阪府警は悪質なイタズラと見て殺人未遂容疑で捜査を進めていました。

 

 



 

この事件については、このブログでも9月19日に紹介しましたが、軽いイタズラならともかく、運が悪くければ死に至る可能性も有るということなのです。

 

ただ面白い、驚く瞬間の顔を見たいなどはお化け屋敷で十分で、このような行為は決して人に喜ばれるような冗談ではありません。

 

少年たちは、二度と同じような行為をしないようしっかり反省し、これから役立つ人になってもらいたいものです。

 

 

『オレオレ詐欺』 騙されたふりで『受け子』無罪に、地検は控訴

ムッシュ・かまやつ『肝臓がん』、病室からラジオで報告、【絶対に復活します】

女性がゲンナリする男の『ベッドマナー』、其れだけは止めて

 

 

 

 


沖縄 ヘリパッドゲートで押し合いに、作業員が反対者の車運転でパンクさせる [不祥事]

 

作業員『俺達にも生活が有る』、ヘリパッドいらない住民の会の男性とともみ合いに

 

沖縄県米軍北部訓練場のヘリパッド建設をめぐり、国頭村・東村境のG・H地区へつながるゲート近くで26日午前5時頃、ヘリパッド建設の作業員が抗議活動中の男性の軽トラックにに無断で乗り込んで運転し、道路脇の即高2タイヤを落としてパンクさせたというのです。

 

作業員は男性の車を放置し、ゲート内に入っていったということです。

 

一緒に抗議していた男性2人も居合わせた作業員に引きずられ、背中や膝に傷を負いました。 

 

男性は被害届を出すか検討をしているとのことです。

 

 

 



 

被害に有ったのは、『ヘリパッドいらない住民の会』の男性(47)で、男性にyリマスと、午前5時頃、軽トラック2台を路上に止めゲートへ入る車を止めて話を聞いていたところ、作業員を載せた車6台が来て6・7人の男性が車からおり、『俺達にも生活が有る』、『止められる権限はない』などど男性らと押し問答になったというのです。

 

其の際、作業員の一人が勝手に男性の軽トラックに乗り込んでエンジンを掛けたのですが、男性は窓から手を入れてハンドルを掴むなど抵抗をしたが、作業員は道路左脇の側溝にタイヤを落としたということです。 

 

タイヤには直径3センチほどの穴が空き、パンクしました。

 

男性は『工事を強行する無茶苦茶な政府の姿を見て、作業員はなんでもやっていいと勘違いしているのではないか。住民と作業員の対立を産ませる構図自体が異常だ』と政府の姿勢を批判しています。

 

 



 

ヘリパッド反対には反対する市民と農家の間にも亀裂があり、農作業にも反対派の抗議活動で影響が出ています。

 

畑に行けない、の作物を市場に納められない、会社に遅刻するなど様々なストレスがが出ているのです。

 

今回の抗議活動も、道路を2台の軽トラックで封鎖していたのではと見られており、当然作業員が行ったことは悪いことですが、抗議する側ももっと冷静に対応してほしいと云うことです。 

 

 

『チャイルドシート』未承認品がネット上等で流通、安全性に疑問が!?

校長が町議にイジメ情報漏らす、生徒家族への圧力掛けか!?

『若年ガン』治療環境や社会生活支援の為の指針作成へ

 

 

 

 


タグ:沖縄問題

ボクシング元日本チャンピオン酒飲んで口論に、知人殴り大怪我 [事件や事故]

 

元日本チャンピオンらを逮捕、素手で男性を殴る

 

東京・JR池袋駅前の講演で知人の男性を素手で殴るなどして大怪我をさせたとして、ボクシングの元日本チャンピオンの男らが警視庁に逮捕されたということです。

 

逮捕されたのは、板橋区に住むボクシングの元日本ウェルター級チャンピオン・大曲輝斉容疑者(41)ら2人です。

 

大曲容疑者らは今月18日、JR池袋駅前で、知人のペルー国籍の男性(32)に対して、顔を素手で殴ったり頭を踏みつけたりして、鼻の骨などをおる全治3週間の大怪我をさせた疑いが持たれています。

 

 



 

 

大曲容疑者らは当時、男性らと公園の野外ステージで酒を飲んでいて、口論になったというのです。

 

大曲容疑者は、『相手がいきなり殴りかかってきたので。とっさに手がでてしまった』と容疑を認めているということです。 

 

大曲容疑者は2005年に、日本ウェルター級チャンピオンになり、『和製マイク・タイソン』と呼ばれるなど、ハードパンチャーとして活躍していました。

 

 


 

プロボクサーのパンチは凶器にも勝ると言われており、現役を引退しているとは言え、やはり危険性はあります。

 

相手にいきなり殴られたからとっさに手が出たと話しているとのことですが、それでは相手の頭を踏みつける行為を何故してしまったのか?ボクサーとしてのプライドはなかったのでしょうか。 

 

警察の中で、もう一度プロボクシング試験を受けたときを思い出して欲しいものです、非常に残念です。 

 

 

『若年ガン』治療環境や社会生活支援の為の指針作成へ

校長が町議にイジメ情報漏らす、生徒家族への圧力掛けか!?

『チャイルドシート』未承認品がネット上等で流通、安全性に疑問が!?

 

 

 


京都・舞鶴署、生後4ヶ月の長男に暴行で母親(21)を逮捕 [虐待]

 

生後4ヶ月の子供を虐待パート従業員の母親を逮捕

 

生後4ヶ月だった長男に暴行を加えて、頭部に傷を負わせたとして、京都府警捜査1日と舞鶴書は24日、傷害の疑いで、パート従業員の21歳の母親を逮捕したと云うことです。 

 

逮捕容疑は、昨年9月28日午後4時頃、舞鶴市の自宅で,長男の頭を床に打ち付けるなどの暴行を加えて、急性くも膜下血腫などの傷害を負わせた疑いが持たれています。

 

1歳4ヶ月になる長男は現在も意識を開腹しておらず重い障害があり、入院中と云う事です。

 

事件当時、逮捕された母親は両親と同居していました。

 

 

 



 

 

府警によりますと、母親が『赤ちゃんの様子がおかしい』と119番通報していますが、暴行については説明をしていませんでした。

 

長男は心肺停止状態で救急搬送されましたが、、診察した病院が虐待の疑いが有ると、舞鶴市消防本部に伝え、府警に連絡があったのです。

 



 

逮捕された母親は『頭を打ち付けたことは間違いない』と容疑を認めていて、『泣いていた長男にカットなった』等と、供述をしているということです。

 

府警は、事件までの児童相談所への相談や継続的な虐待は把握していないものの、子育てに悩みを抱えていなかったかなど、動機面も含めて慎重に捜査をしています。 

 

 

キラキラネーム、もし後悔したら親はすぐに改名が出来るのか

イグ・ノーベル賞日本人二人が受賞、『また覗き効果』を実証

NHK静岡放送副局長、放置自転車を無断で使用

 

 


タグ:乳児虐待

横浜・大口病院で点滴に異物混入か?入院患者が死亡で新たな展開が [事件や事故]

 

殺人容疑で、神奈川県警捜査捜査本部を設置

 

横浜市神奈川区大口通の大口病院で、入院中の男性患者がシボ寿司、司法解剖の結果、死因が中毒死だったことが23日、神奈川県警の調べで分かりました。 

 

県警は何者かが点滴から異物を体内に入れた殺人事件と断定し、特別捜査本部を神奈川署に設置したのです。

 

捜査1課によりますと、殺害されたのは横浜市港北区新吉田東3丁目の無職八巻信夫(88)さんです。

 

14日から入院していましたが、29日午前4時過ぎに心拍数が低下していることに女性看護師がアラームで気づき、同日午前4時55分に死亡が確認されたということです。

 

同じ部屋には、計6人が入院していました。

 

 



 

 

神奈川県警は24日、点滴袋や遺体から、石鹸洗剤などに含まれる『界面活性剤』の成分が検出されたことを発表し、点滴袋に破れなどはなく、注射器を使用するなど目立たたない方法で点滴に異物を混入した可能性があると見ています。 

 

捜査関係者の話によりますと、八巻さんは病状の悪化から終末期医療を受けるため、今月14日に市内の別の病院から大口病院に入院したということです。

 

5階建て病棟の4回にある病室で、栄養補給の点滴を受けていましたが、20日午前4時過ぎ、心拍数の低下を知らせるアラームで30代の女性看護師が駆けつけたが、4時55分頃に死亡しました。

 

その後不審な点が有ったため、県警が司法解剖した結果、体内から異物が見つかり更に調べたところ、界面活性剤の成分が検出されたというのです。 

 

 



 

 

同病院では、18日以降、4回に入院中だった80代の男性2人と90代の女性1人も死亡していますが、うち男性2人は18日に死亡し、病死と診断されています。

 

90代女性は山木さんがなくなる2時間前に死亡し、詳しい診断は出ていません。

 

捜査本部は3人の遺体を司法解剖し、死因などを詳しく調べているとのことです。 

 

大口病院はJR横浜線【大口駅』から徒歩3分の住宅街にあり、診療科目はないか、小児科、整形外科、リハビリテーション科の4診療となっています。

 

入院患者については、急性期から症状が落ち着いてくる『亜急性期』から、長期に渡って療養が必要な『慢性期』の患者を主に受け入れており、病床数は85床です。 

 

 

アニソンブーム、10~30代が選んだ好きなアニソンは?

また起きてしまった患者検体取り違え手術、乳腺など切除

佐川急便・交通違反身代わり事件で運転手ら十数人も横行

 

 

 

 

 


生活保護の男性、3割超がメタボ体型、喫煙者は4割以上 [社会]

 

生活保護受給女性も、非受給者の3倍にも!

 

生活保護を受けている男性では、3人に一人がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)で、喫煙者が4割以上いることが厚生労働省の調査でわかりました。

 

いずれも、生活保護を受けていない男性よりも割合が高い結果となっているのです。 

 

2014年度にメタボ検診を受けた、40歳以上の生活保護受給者約10万8千人の診断結果を分析したということです。

 

タボと診断されたのは男性が32.7%で、女性が17.5%となり、受給していない男性(21.0%)より10ポイント以上高く、女性は3倍近い結果となったのです。

 

 



 

60歳代後半の男性が34.6%(受給者以外は27.4%),70代前半の男性が33.3%(同26.9%)と割合が高くなっています。

 

受給男性の喫煙率は43.0%(同33.7%)で、特に50代が51.9%と多かったそうです。

 

生活保護費のうち約半分は医療扶助が占めているとのことですが、厚労省は医療費を減らすため、今年度中に受給者の生活習慣病対策をまとめる方針だということです。 

 

 



 

 

生活保護制度は、資産や能力など全てを活用しても、生活に困窮する人に対して、困窮の程度に応じた保護を実施することで、最低生活の保証をして自立を助長するというものです。

 

支給される保護費の額は、最低生活費から差し引いた差額になります。

 

2016年4月の生活保護受給者は215万人と横ばいで、世界金融危機後、稼働年齢層の『その他の世帯』の割合が大きく増加したのです。

 

近年、景気回復などの影響で『その他の世帯』は減少傾向に有るとの事ですが、『高齢者世帯』が増加傾向に有るのです。

 

また地震や水害などで離農や仕事への復帰が遅れ、受給者が一時的に増えているのです。

 

また、就職浪人が増え、若者の非正規労働者が生活保護を受けている例もあります。 

 

宮城県教育委員会、教え子とみだらな行為で教諭を処分、他県でも

京都市教委、学校の集団感染胃腸炎で検査拒否、原因特定で保護者から不満の声が

名護市辺野古埋め立て承認取消し訴訟、県敗訴で翁長知事は上告の方針を表明

 

 

 

 


タグ:生活保護

『釣れてますか?』、少年ら数人が声かけて釣り人を海に突き落とし逃走 [事件や事故]

 

大阪府警、いきなり男性の背中を押して海に転落させる、殺人未遂で捜査

 

19日午前7時5分頃、大阪府忠岡町新浜の大津川の河口付近に有る突堤で、釣りをしていた同府八尾市の男性会社員(56)に10代とみられる少年数人が『釣れていますか』などと声を掛け、いきなり男性の背中を押して海に転落させたというのです。

 

少年らはそのまま逃走、男性は自力で岸に上がりケガはなかったとのことです。 

 

大阪府警泉大津署は、悪質なイタズラと見て、殺人未遂容疑で捜査を進めています。

 

 



 

 

同署によりますと、突き落とされた男性は午前4時頃から一人で釣りをしていたということで、付近にいた釣り人が110番通報をしたのです。

 

逃げた少年らは小学校高学年から中学生ぐらいと見られているということです。

 

 



 

 

一歩間違えば命にかかわる重大な事故に繋がる恐れも有るため、『面白半分だった』、『からかうつもりだった』などの軽率な行為では済まされません。 

 

以前にも似たような事件としてホームレス刈りなど、、このような事件がまた増えていることもあり、警察の捜査によって、同じような犯罪が増えないようにしてもらいたいものです。 

 

 

子供のおねしょは育て方とは無関係、病気の可能性も!

浮気性の男は突然死の確率が高い!?身近に潜む死を招く危険とは

子どもの貧困実態、『夕食なしの日がある子供』1.4%にも

 

 

 


『不妊治療』 夫の父から精子提供で173人誕生 [社会]

 

体外受精で夫の実父から精子を提供で173人の子供が誕生

 

夫婦以外の卵子や精子を使った体外受精の実施を国内で初めて公表した、諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町、根津八紘(やひろ)院長)で、今年7月末までの約20年間に夫の実父から精子提供を受けた夫婦114組から、体外受精で計173人の子供が誕生していたことがわかりました。

 

17日午後に、長野県松本市で開かれる信州産婦人科連合会学術講演会で発表されるとのことです。

 

同クリニックは2014年7月、夫の実父から提供を受けた精子による体外受精で、13年末までに夫婦79組から計118人が誕生したと発表していました。

 

それから2年半あまりで誕生数は、約1.5倍に増えていました。

 

 



 

 

同クリニックによりますと、1996年11月から今年7月末まで、夫に精子がない160組が、夫の実父(50歳代~70歳代)の精子と妻の卵子で体外受精を行い、妻の子宮に移植したのです。

 

142組が妊娠し、114組が実際に出産しているということです。 

 

2014年に国内で行われた体外受精による出生数は過去最多の4万7322人が誕生していたことが日本産婦人科学会のまとめで分かりました。

 

約21人に1人が体外受精で生まれたことになるということですが、治療件数も過去最多を記録し39万3745件に上っているのです。 

 

体外受精は卵子と精子を体外で受精させ、子宮に戻す不妊治療ですが、卵子に針を指して精子を注入して受精卵を作る方法や、受精卵を冷凍保存し、時期を見計らって支給に戻す方法などが開発され選択肢が広がったのです。

 

年々増加の一途を辿ってきましたが、特に個々数年は出生率が毎年5000人ペースで急増しているそうです。

 

 



 

 

晩婚化などで加齢による不妊に悩む夫婦が増え、04年度からは公費女性も始まり、普及が進んだと見られています。

 

日本産婦人科学会は、夫婦感の体外受精と匿名の第三者からの精子提供による非配偶者間人工授精(AID)を認めていますが、 それ以外には言及していません。

 

夫の実父による精子提供が増えている背景には、血縁関係が明確で家族の領海を比較的得やすい点が有るのではと見られています。 

 

 

 

子どもの貧困実態、『夕食なしの日がある子供』1.4%にも

浮気性の男は突然死の確率が高い!?身近に潜む死を招く危険とは

子供のおねしょは育て方とは無関係、病気の可能性も!

 

 

 


介護認定率下がれば、都道府県と市町村に財政支援

 

介護費抑制と、地域間格差の是正が狙い

 

厚生労働省は、高齢者らの自立支援に取り組み、介護サービスを受けるのに必要な『要介護認定』を受けた人の割合(認定率)を下げた都道府県と市区町村に財政支援する方針を固めたということです。

 

膨らみ続ける介護費の抑制と地域間格差の是正が狙いで、23日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の介護保険部会に示し、年末にまとめる2018年度介護保険制度改正案に盛り込む考えだというのです。

 

介護費は年々増加し、16年度は制度が始まった00年度の約3倍に当たる10兆円に達する見通しなのです。

 

一方、要介護認定率や市民一人あたりの介護費は地域によってばらつきがあります。

 

実態把握に向け、同省は市区町村に介護サービス費や要介護認定の状況などのデータ提出を関係報で義務付ける方針です。 

 

 

 



 

 

財政支援にあたっては要介護状態の改善・介護予防施策の実態状況などを評価する指標をつくる方針で、年末の予算編成に向け、財源をどう確保するのかが焦点となると云うことです。

 

しかし、懸念することも、要介護認定率を下げる風潮が先立ち、最も苦しむ介護を必要としてる家族で、認定が降りずに途方にくれてしまう結果になるかもしれないのです。 

 

過去にも制度だけが先走り、国民が苦しめられたものとして生活保護制度が有りますが、現在は改善されクーラーなど必要最低限電気製品や通院のための車の所持などが認められるようになりました。

 

 

 



 

 

しかし、介護認定は介護従事者である家族への負担が大きく反映されるため、認定によっては家族の負担は計り位しれません。

 

現実には介護に追われ無理心中や、家族殺害などの悲しい事件は数多く報道されています。

 

担当する市区町村は、制度だけが先走りしないようにしてもらいたいものです。 

 

子供のおねしょは育て方とは無関係、病気の可能性も!

浮気性の男は突然死の確率が高い!?身近に潜む死を招く危険とは

子どもの貧困実態、『夕食なしの日がある子供』1.4%にも

 


結婚しない女、できない男に、『独身の交際相手なし』過去最高に!子供がほしい人数も2人を下回る [社会]

 

異性の交際相手がいない、男性7割、女性は6割も?

 

結婚していない人のうち、異性の交際相手がいない人の割合が男女ともに過去最高になっていたこtがわかったというのです。 

 

国立社会保障・人口問題研究所が去年6月に18歳から34歳の未婚の男女凡そ5000人らを対象に調査したところ、其の結果、結婚願望がある人が男女ともに8割を超える一方で、『異性の交際相手がいない』人の割合が男性で7割、女性でも6割にもなったのです。

 

5年前の前回調査から1割近く増えて、ともに過去最高となってしまったのです。

 

結婚のハードルとしては男女ともに、4割以上が『結婚資金』を上げているそうです。

 

 



 

夫婦を対象にした調査で、障害に持つ子供の数が前回に続き2人を下回り、1.94人と過去最低になってしまいました。

 

一方、妻が1人目の子供の出産後も仕事を続ける割合は、これまでの4割から53.1%に増えている事もわかりました。

 

結婚しない女、出来ない男などのこの逆もあるとは思いますが、結婚願望がありながら異性の交際相手がいない、ラインなどが普及している中で、合わずとも満足してしまっているのかも、アメリカなどではかなり問題視されているようです。

 

 

 



 

 

また、結婚資金の問題や結婚後の生活資金の確保など、非正規社員が増えている中、生活資金が不安定では子育てにも不安があります。

 

子供が出来ても生活資金不足のために共働きをしなければ、しかし子供を預ける保育所が少ないのでこれもまた足かせに。

 

働きたいのに働けない、本当は子供は2人以上ほしいけれど、など様々な現実が結婚を遅らせ、少子化に繋がっているのかもしれません。 

 

 

若い女性に『梅毒』感染広がる、医師も危惧する非常事態に

自分大好き人間増加中、中にはモンスター化した人も

テロ対策、『共謀罪』臨時国会での成立に『まだまだ時間は有る』

 

 

 


タグ:結婚 少子化