So-net無料ブログ作成

JRA木幡郁也騎手、禁止薬物検出で騎乗停止処分 [スポーツ]

  スポンサードリンク


9月10日のドーピング検査で利尿剤『フロセミド』検出



JRAが14日、小幡(こわた)郁也騎手(18=藤沢和)から、JRAが使用禁止の対象物として指定している利尿剤『フロセミド』が検出されました。


JRAは9月14日(木)から10月13日(金)まで、小幡騎手を騎乗停止とすることを決めたということです。


JRAが9月10日に、中山競馬場で実施した騎手の薬物検査で判明したとのことです。









国内で現役騎手から薬物が検出されたのは、昨年に短期免許で来日したルイス・コントレラス騎手(メキシコ国籍)に続いて2人目だそうです。

同騎手は父親の初広、兄の初也、巧也に続いて今年3月にデビューしたとのことで、JRA通算4勝しています。


JRAによりますと、騎手に対するドーピング検査を2003年4月に本格導入して以来、禁止薬物の陽性反応がでたのは、日本人では始めてということです。








PR ビットコイン新規取引!人気の通貨ペアから マイナーな通貨ペアまで 多数お取り揃え【QUOINEX】

PR ジュエリー・アクセサリー・ブランドバッグ・ブランド衣料などを高額で買取いたします。【コメ兵宅配買取】

PR セキュリティ・コスト・機能・サポート、個人も法人も全てに満足頂ける「レンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン」






スポンサードリンク







nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。