So-net無料ブログ作成

警視庁、踏切事故の女性遺体をゴミ集積所に一時放置 [不祥事]

  スポンサードリンク
遺体が一時ゴミ集積所に放置され、業者に回収されていた。



先週東京豊島区の踏切で、80代の女性が電車にはねられ死亡しました事件で、遺体の一部が警視庁の警察官に誤ってゴミ集積所に放置され、ゴミ回収業者に一時回収されていたことが分かったと云うことです。



先月26日、豊島区の西武池袋線の踏切で、80代の女性が電車にはねられ死亡しました。








女性は自殺と見られているということですが、捜査にあたっていた警視庁目白書の20代の男性巡査が、遺体の一部が入った袋を誤って署のゴミ集積所に放置していたことが分ったというのです。


翌日、袋を担当の業者が回収していましたが、気付いた警察官がゴミ業者を訪れ袋を取り戻したということです。


男性巡査は遺体の一部について、『不幸だと思った』と話しているということですが、警視庁は『再発防止に向け、指導を徹底していきたい』と込めントを出しています。






世界中で話題の飲む#日焼け止め【BISET WHITE(ビセットホワイト)】

美容成分たっぷりの酵素ドリンク【MILMILMICHILU】




スポンサードリンク







タグ:地方公務員
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。