So-net無料ブログ作成

浴槽で小3男児溺れて死亡 [不祥事]

  スポンサードリンク

大阪府・障害者入所施設の浴室で男児がおぼれる



6月14日午後6時50分頃、大阪府太子町山田の障害児入所施設『四天王寺太子学園』で「男児が浴室でおぼれた』という職員からの119番通報が有ったということです。


救急隊員が駆けつけ、入所している小学3年の男児(8歳)を意識不明の状態で救急搬送したとことです。


男児は15日未明に、搬送先の病院で死亡したということです。


大阪府警富田林署が、詳しい状況や死因などを調べているそうです。


富田林署の話によりますと、男児は他の自動約15人や職員3人と入浴をしていたとのことですが、様子がおかしいのに気付いた職員が浴槽から引き上げ通報したとのことです。







同施設の説明では、職員3人が入浴の介助をしていたが、男児が浴槽に入った後、別の子供の介助で目を離し、その後、異変に気付いたということです。


原健一郎施設長は『非常に残念で申し訳ない。管理者責任を感じている』とのコメントを出しました。


また、施設を運営する社会福祉法人『四天王寺福祉事業団』(大阪市四天王寺区)の職員は、『男児が亡くなったことは把握しているが詳細は分からない』と話しているそうです。







女性のための守る習慣アイテム まっしろ美白習慣|飲む美白習慣サプリ

頭皮スッキリ!40代からのニオイケア デオルの美容水

静電気で貼り付く!遮光・遮熱・UVカット「今すぐ木陰」



スポンサードリンク







タグ:障害者
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました