So-net無料ブログ作成
検索選択

無痛分娩で障害、京都の診療所で事故続く [不祥事]

  スポンサードリンク

無痛分娩、麻酔による医療ミス???




麻酔で出産の痛みを和らげる無痛分娩をした女性(40)と長女(4)が脳に重い障害を負ったのは、医療ミスが原因だったとして、この母子と家族計4人が京都府内の診療所に介護費用や慰謝料などの計9億4000万円の損害賠償を求め、京都地裁に提訴したというのです。



昨年も同診療所で麻酔後に母子が重度の障害を負っていることなど、同様の事故が2例続発していたことになります。

無痛分娩の重大事故について調査している日本産婦人科医会は、この事例も調べる方針だということです。

提訴されたのは、『ふるき産婦人科』(京都府京田辺市)です。


訴状によりますと、女性は、ロシア国籍の元大学准教授で、2012年11月に、この診療所で背中に細い管を差し込み麻酔薬を注射する『硬膜外麻酔』の直後に心肺停止となったというのです。


救急搬送先の病院で帝王切開により長女を出産しましたが、母子とも低酸素脳症などにより、現在も意識不明だということです。









原告側は、『差し込んだ管が硬膜を破り、くも膜下に入った事と、高濃度の麻酔薬を一度に大量に投与したミスがあった』と主張しているそうです。(提訴は昨年12月)

女性の母親は代理人を通して、報道陣に手記を公開し、『産婦人科医一人しかいない個人病院で出産する危険性を警告したい。出産は複数の医師の体制があるところですべきだ』と訴えているのです。


同診療所では、昨年5月にも、帝王切開の麻酔後に別の母子が重度障害を負っているそうです。

同医会はこの事例の他、大阪や兵庫県で判明した妊産婦死亡例も調べているとのことで、産科麻酔の重大事故が4件相次いで発覚したということです。


障害を負ってしまったご家族のためと、再発防止のためにも早急なる原因追求をしてもらいたいものです。









女性のための守る習慣アイテム まっしろ美白習慣|飲む美白習慣サプリ

222種の生酵素×ヒアルロン酸【 大人の生酵素 】

いつまでも若々しくありたい40代のあなたに『俺のサプリ』



スポンサードリンク







タグ:医療事故
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: