So-net無料ブログ作成
検索選択

『不妊で悩んだ経験』既婚女性の3人に1人が有ることが・・・・! [社会]

  スポンサードリンク


不妊の原因は女性5割弱、男性5割との声も



妊娠を希望しながらもコモドも出来ない『不妊』で悩んだ経験がある人が、結婚している女性では3人に1人だったことが、製薬会社の調査で分かったという事です。


製薬会社の『メルクセローノ』が、全国の20代から40代の結婚している男女およそ1万5000人を対象に、『不妊』についてインターネットで意識調査をしたところ、『悩んだ経験がある』という人は、女性ではおよそ3人に1人、男性だは4人に1人に上ったというのです。

また、不妊治療の経験がある男女600人を対象にした調査では、初めての受診に『1人で行った』という女性が7割だったのに対し、男性の場合、『パートナーと行った』人が8割以上という結果だったのです。

不妊を自覚しながら、すぐに病院へ行かなかった理由としては、男女ともに『自然に任せたかった』が最も多く、ついで、女性は『費用がかかる』、男性は『自分が不妊だとは認めたくなかった』と云うことです。









不妊症は、妊娠を希望して一定期間の性生活を行っているにもかかわらず、妊娠が成立しない状態を不妊症といいます。

これに対して、不育症は、妊娠しても流産・早産を繰り返して、胎児が出産まで育たない状態を呼ぶのです。


原因として、女性側と男性側それぞれに考えられ、、また一つだけではなく他の因子の合併する場合や原因不明のこともあるそうです。

不妊症の現れる頻度は、10組のカップルに1組の割合と言われています。

この一定期間は、日本では2年以上とされていますが、1年経過したら不妊症の検査や治療を開始することもあるそうです。







オリコン満足度ランキング1位!ペット保険なら「PS保険」

植物の力でキュッと毛穴ケア!100%植物由来成分の無添加ローション
ソルアネーロ『ネイチャーウォーター』



スポンサードリンク







タグ:不妊症
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました