So-net無料ブログ作成

長野・飯田市 市交通指導員を酒気帯び運転容疑で検挙 [不祥事]

  スポンサードリンク
取り締まり検査で基準値超えるアルコールを検出


長野県飯田市が20日、市非常勤特別職の交通指導員の男(69)=同市=が道路交通補違反(酒気帯び運転)の疑いで、県警飯田書に検挙される事案が発生したと発表しました。


同市危機管理室の話によりますと、交通指導員は3月5日午前0時半頃、飯田市宮の前の市道で軽トラックを運転していたところ、同署員の取り締まりを受け、検査で基準値を超えるアルコールが検出され、酒気帯び運転の疑いで検挙されたというのです。


交通指導員の市への報告によりますと、4日の勤務を終えて午後8時頃から、市内の行きつけのスナックで日本酒1合と焼酎2合程度を飲んだ後、自宅に帰る途中だったということでした。

飯田書はこの事案を発表はしていないと云うことですが、交通指導員が市に申し出たことで発覚したそうです。









なお、交通指導員は同日付で辞職をしたとのことですが、市は本人に事情を詳しく聞いた上で20日発表をしたという事です。


交通指導員の任期は昨年4月1日から来年3月末まででした。


牧野光朗市長は、『交通関係法令を遵守するという社会規範がよりいっそう厳しく求められる交通指導員としては有ってはならないことであり、誠に遺憾。
心から市民と関係機関に深くお詫び申し上げるとともに、再発防止に務めたい』とのコメントを発表しています。


『飲んだら乗るな、乗るなら飲むな』の標語があるように、飲酒運転禁止推進運動をしている交通指導員が酒気帯びでは市長も開いた口が塞がらないのではないでしょうか。










地方に行きますといまでも畑や田圃しかないところ、または山の裾のなど民家がない所に酒を提供する店が見受けられます。


当然ながらお酒を飲む前は車でいけますが、飲んだ後にはとても歩いて帰れるような場所ではなく代行運転を頼まなければなりません。


気が緩んで俺は捕まらないという気持ちで車を運転して、単独時や人身事故を起こしている人が沢山いるのですから、酒を飲んだら絶対に車の運転はやめてほしいものです。









スポンサードリンク







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました