So-net無料ブログ作成

中学生が小惑星を発見、その名前は「相森中学校」 [社会]

  スポンサードリンク
生徒会が生徒から名前を募り申請





長野県須坂市の相森(おおもり)中学校が命名権を持つ小惑星が『相森中学校」と命名されたそうです。


約10年前の生徒が見つけた小惑星ですが、同校が昨年、審査機関の国際天文学連合(IAU)に申請をしていたのです。


20日にも生徒に伝える予定だそうですが、岡部温樹教諭は『命名に刺激を受け、宇宙に興味を持つ生徒もいるはず、将来につなげれば嬉しい』と、喜んでいるそうです










きっかけは2006年に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の主幹研究員だった中島敦さん(69)が、同校のOBだった縁で、伊那市・入笠山のJAXA観測所で行っていた小惑星探査に当時の生徒らが参加していました。


その後、撮影した画像を解析したところ、15個が新発見と判明したのです。


IAUかこの内5つの命名権を得ていたということですが、そのままになっていたため昨年、同校創立70周年事業の一環で命名することになったそうです。


5つの小惑星はいずれも火星と木星の周辺を回っており、20等級前後と非常に暗く小さいため、肉眼では見えません。


今回『Oomorichugakkou』と命名されたのは最初に申請した星の名前だそうです。











命名に初めて関わった中島さんは、『将来この星を探査する子がいるかもしれない。母校の名前がついた星が宇宙を回る姿を思い描き未来につなげてほしい』と話しています。


同校は残る4つの小惑星の名称を市動物園にいたカンガルー『ハチ』や同校隣の県果樹試験場で生まれた葡萄『ナガノパープル』などを申請しているそうです。


中島氏の話によりますと、順次、承認される可能性が高いとのことです。














スポンサードリンク







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました